家賃保証を利用するときに気をつけておきたいことやそのメリットを理解できます

料金がどれぐらいになるかを気にしよう

男女

賃貸物件を借りたいけども、保証人がいない場合や連帯保証人がいたとしても家賃保証を利用しなければならない場合には、どれぐらいの料金がかかるか知っておくと良いでしょう。基本的に、初回の費用は家賃の1ヵ月分程度になることが多いですが半額になることも少なくありません。また、初回の費用を支払っておしまいではなく、その後契約の更新をする時にも支払うことがあります。この時は家賃の半分程度になると考えておけば良いです。

支払えない場合の注意点とは

住宅模型

家賃保証の仕組みは、賃貸物件の借主が物件を借りて家賃を支払うことができない場合にその補償してくれることです。この保証をオーナーが利用することにより家賃に関する債務不履行はなくなるでしょう。ただ、家賃保証会社が代わりに支払ってくれるものの代位弁済と言う形で支払うことになります。この場合、最終的に賃貸物件の借主は保証会社に対して支払わなければいけません。この時、代わりに弁済してくれた金額よりも多く支払う場合もあります。

保証人がいないときには役立つ

スーツの女性

賃貸物件の多くは、保証人を必要としています。なぜ保証人を必要とするかと言えば、借りた人がお金を支払わずにどこかに逃げてしまった場合、オーナーとしては家賃を回収できなくなるからです。そのため、保証人はとても重要な役割を果たすでしょう。ただ、人によっては保証人が見つからない場合もあります。このような場合、家賃保証会社を利用することで保証人がいなくても物件を借りることができるメリットがあるでしょう。ただ、保証人がいる場合でも家賃保証会社を利用しなければならない場合もあります。

原状回復義務も支払ってくれることがある

男性

家賃保証会社のメリットは、借主の代わりに家賃を支払ってくれるばかりではありません。契約内容によっても異なるものの、賃貸物件を退去するときに必要な原状回復義務を履行するときその費用を代わりに支払ってくれることがあります。通常は、敷金で支払うことになりますが、敷金だけでは足りない場合お金を請求されることがあるでしょう。ペット等を飼っていた場合には割と大きなお金になることも多いため、お金に余裕がない場合は家賃保証会社が大いに役に立ちます。もし代わりにお金を払った場合には、当然後になって毎日は家賃保証会社に支払う義務があります。この場合には、可能な限り早めに支払う必要があるでしょう。支払いが遅れてしまうと。利息を支払わなければならない場合があるからです。契約の段階で、どれぐらいの利息がつくのかをよく確認しておく必要があるでしょう。その点まで確認しておいて、初めて家賃保証会社を使うメリットがあるといえます。

広告募集中